オペアンプ - OPA2604とMUSES8920 -

OPA2604

FX1002Aへ取り付け

MUSES8920

LXU-OT2Oに取り付け


FX-Audio FX1002AとヘッドフォンアンプのそれぞれのOPアンプを換装してみた。
選択したのは、FX-AudioがFX1002Aに標準としているらしいOPA2604と雑誌付録のLXU-OT2にMUSES8920だ。
MUSES8920はFX1002Aにも適合するのではないかと考え、選択した。

LXU-OT2+MUSES8920の組み合わせでは、全域に渡って出力が上がったような感じでパワフルにはなった。
しかし、低域のヴォリューム不足を解消するまでにはいたらなかった。
これはヘッドフォン出力でもRCA出力でも変わらない。今後、LXU-OT2の出番は無いものと思われる。コンデンサ総とっかえでもしない限り[1]

FX1002A+OPA2604の組み合わせでは、少し中音域が薄い印象を受けた点がマイナスだが、分解能が上がり音場が広がったことと併せて爽やかな音空間と感じる。
ただし、パワフルではあるが、これだったらFX202Aの音質とあまり代わり映えしないように思える。
標準のTL082の組み合わせの方が、面白い音がする。あの音のパワー感を一度味わうと、なかなか離れられない。

FX1002AとMUSES8920の組み合わせは、本日中にでも追記したい。

【追記1】
バーンイン開始30時間くらいでLXU-OT2がかなりイイ感じに上がってきた。
しばらくこのままで使って見ることに。

【追記2】
FX1002AにMUSES8920をLXU-OT2にFX1002A標準のTL082を換装してみました。
FX1002AにMUSES8920は全体的に明るい音に、ともすると少し軽いかもしれないけど良い音で鳴ってます。
LXU-OT2にTL082は、OPA2604と同傾向ですが、標準のオペアンプと比較すると全域に渡ってパワーアップしました。ただし、やはり中低域が物足りないですね。このUSB-DACは、コンデンサ等の交換が必須なような感じです。


  1. [1] と言っても、他所のブログなんかじゃ評判イイんだよなー わたぃの耳が腐ってるのかなー orz

2 thoughts

  1. Nolis より:

    みなさんこのLXU-OT2は微妙か絶賛かで分かれているようですね。

    ちょっと気になって(自分の耳がへっぽこなのが怖くて試したのは内緒で)いろいろと実験してみました。

    小音量:問題なし、楽しく聴ける
    中音量:※自分は耳が痛くてこの音量で普通は聞けない ちょっとバランスが崩れる。解像度がぼやけてくる
    大音量:※ヘッドフォンを耳につけてないですけど 聞けたものではないノイズが交じる。もやもやがひどいことに

    小音量(静かな部屋でちょっと小さいかなぐらい) 中音量(ちょっと音漏れするぐらい) 大音量(ヘッドフォンがもはやスピーカー状態) で聞いてみました。

    自分、本当にボリュームを絞って聞くので、違和感なく楽しめたのかもです。スピーカーでガンガン楽しむ音量で無理に聞いたらビミョーな音になりました(頭痛が数時間響きましたが……)

    小音量では楽しめるのでは? そう考えるとヘッドフォンアンプというよりもRCA出力用のD/Aコンバータが本来の実力な気がします。

    あとでコンデンサ交換もやってみますね。

    • zagan より:

      OPアンプ交換前後で手元の製品だとノイズは全く出ません。
      OPアンプ交換して30時間くらい経ったでしょうか、随分低域が出るようになりました。
      パイオニアS-N901だと綺麗に鳴ってくれてます。
      ICにもバーンインって必要なのかなー???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>