水. 9月 18th, 2019

Iron Sling

Just another WordPress site

中華デジタルアンプ - NFJオリジナル Lepai LP-2020A+ –

1 min read
Lepai LP2020A+ NFJ Orginal Edition

くじ運というものに、まったく縁遠い私だが・・・

Behringer MS40で快適なぷあおーでぃおの世界を楽しんでいた。
このスピーカーを選定するときに、デジタルアンプについても調べていたのだけど、デジタルアンプを買うと当然スピーカーとサウンドボードが別途必要になるわけで・・・。いろいろと考えて、パワードスピーカーに決定していた。

5月28日の夕刻。ヤフオクというものを、初めてといっても良いくらいに眺めていた。
すると、1998年に発表されたパイオニアのS-N901-LRがワンセット出品され、残り時間僅かにも関わらず残ってていた。
まだ初値1000円がついたままだ。内容的には、「ボディに多数傷あり。サランネットに傷、破れあり。左右ウーファー及びスコーカーのセンターコーンが潰れている。音は綺麗に出ている。」という状態だった。1000円だったら、この内容でも良いんじゃないかと思ってた。このスピーカーは色んな所で目にしていて、好きな音がすると認識していたからでもある。
「どうせ、落とせないだろうな。」とか思ってアンプも持たないのに入札してみた。

なんと、落札できたじゃないか。
慌てて以前から気になってた中華デタルアンプのNFJオリジナル Lepai LP-2020A+を発注。

このNFJという会社だが、おそらく小さな個人経営の会社なんだろう。ブログやメール及び電話での対応に、妙な会社臭さを感じさせず、親しみやすい印象を受けた。
ともあれ、商品が到着。早速音出しして動作確認・・・と思ったら、音が出ない。結線を確認するが間違ってない。手持ちのAC/DCアダプタ(センチュリーの外付けHDDケースのもの)で12v 2Aがあったので、推奨製品は購入していない。これが原因なのかと、IBMノートPCの電源を使用してみた。やはり出ない。しかも、後で気づいたのだが、このアダプタの出力は16V 3.66Aで電圧供給過剰。後にNFJのH氏にやんわり叱られるはめに・・・トホホ

外出からの帰宅後に再試行してみると、なんと音が出るではありませんか。あなウレシ。結局原因は分からずじまいだったけど。

で、スピーカーが到着するまでにアンプのバーンインを進めておこうと、以前入手した富士通PC付属の8cmフルレンジ風ユニットにつなぎ、適当なエンクロージャーなぞあろうはずがないので、Tully’sのタンブラー(大)400ccに放り込んで長時間の音出しを実行。深夜帯はさすがに音が出せないので、通電のみにしていた。
20時間ほど経ったとき、音に腰が出てきたように感じました。
これはこれで、工夫や用途次第では使えそうな気配。塩ビ管スピーカーでも考えてみるかな?

Tully's 8cm フルレンジスピーカー? www
Tully’s 8cm フルレンジスピーカー? www

明けて本日、ようやくスピーカー到着。
はっきり言って、外観は酷い。しかし、音にはなんら問題の無い物だった。ま、1100円だから、多くを望めるはずもないのだけど。

Pioneer S-N901
Pioneer S-N901

【音質他】
Lepal LP-2020A+はデジタルアンプらしく、ソースをそのまま出力しようとしている感じを受けます。その分、ソースの音質に左右される音の出方となります。
このデジタルアンプ、トーン回路をパスする機能が付いてるんですけど、パスした方が音が前に出てきます。
まだセッティングの詰めができてないのだけど、トータルではデジタルアンプの特性も相まって、上から下までバランス良く音がでていて好感の持てる物です。
スピーカーはさすがに3wayだけあって、レンジ感が広く感じられます。MS40と比べると音の分解能が高い上に低域が締まった感じで、音楽を聴くのにはこちらの方が良さそうです。一方DVDなどで映画を楽しむのは、MS40の方が適しているように感じます。
唯一の欠点は・・・でかい・・・
デスクトップで音楽を楽しむには、問題有りかも。せめて机の天板が180cmx80cmほどあればなと・・・
それにリアバスレフなので、壁面からかなり離さないと低域が妙にルーズかつノイジーになります。壁に吸音材もしくは音を反射するような硬く重い板でも渡してみようかな。

【スピーカーケーブル】
オーディオテクニカ OFCスピーカーケーブル AT6157を近場の家電店で4m(1,000円)購入しました。
このケーブル、極性が解らないので、広い部屋なんかだと結線が手間だろうな。
アンプ側はハンダで固めてバラケないように処理して使用中。

先端部をハンダ付けして適宜切断
先端部をハンダ付けして適宜切断

ハンダごてなんぞ持ってないという方、マイナスドライバーとか、何か柄が付いたものの先端をコンロで熱して使うと良いです。

1 thought on “中華デジタルアンプ - NFJオリジナル Lepai LP-2020A+ –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.